• IT

即座にToDo登録(アップルウォッチ活用)

アップルウォッチには音声認識機能「Siri」が搭載されています。

私は主にToDo(やること)リストの登録に使っています。

時計の丸いボタンを長押しすると音声入力画面が出ます。そこで時計に向かって「明日はクリーニングを取りに行く、をリマインド」と語りかけます。これで終了。

AppleWatchの画面

AppleWatchの画面

登録した項目は、iPhoneの「リマインダー」アプリにも即座に反映されます。

iPhoneの標準アプリ「リマインダー」の画面

iPhoneの標準アプリ「リマインダー」の画面

自転車に乗っている時というのはアイデアが浮かびやすい(と、私は思っている)のですが、自転車を道路脇に寄せて、止まってスマホをポケットから取り出してアプリ立ち上げて入力・・としている間に「あれ?何書こうとしたんだっけ」となってしまう。

AppleWatchなら常に身につけていますので、何かアイデアややるべきことを思いついたら即座に登録できる。
自動車に乗っている時にも重宝します。

周囲の人から見れば、時計に話しかけている危ない奴に見えてしまうのが弱点ですが・・・・
スマートウォッチ、まだまだ市民権を得ているとは言えないようで。

関連記事

  1. ウェブ会議の違和感

  2. Google画像検索の結果をプレゼン資料に使う

  3. アップルペンシルの置き場所

  4. iphone6s/7のテキスト入力修正、バーチャルタッチパッドを使う

  5. エクセル小技(4) 複数セルの幅や高さを均等にする

  6. インターフェースにお金をかける(ロジクール KX1000s ̶…

最近の記事

  1. 2021.10.15

    非合理の論理
  2. 幽霊、おばけ、モノクロ

カテゴリー

読書記録(ブクログ)