• IT

当社のITツール活用(4)〜 ファイル共有(ドロップボックス)

前回からの続き。



(全体像)

当社にはいわゆる「ファイルサーバ」は存在しない。事務所にはサーバはなく、すべてネット上に保管している。
ファイル共有サービスは「ドロップボックス」を利用している。同様のサービスはグーグルやマイクロソフトもやっている。

このデータには出張先からもアクセス可能だし、一部のフォルダのみを外部の人間と共有することも可能だ。
あるプロジェクトのみ外部の人間と協同作業する場合、ファイルの共有に重宝する。
筆者のような外出の多い人間は、事務所とモバイルノートのファイルが常に同期されている、ということは大きな価値がある。

(つづく)

関連記事

  1. iPhone6s/7の無線LANを素早くON/OFFする方法

  2. Google画像検索の結果をプレゼン資料に使う

  3. 【Mac】三本指クリックで辞書を呼び出す

  4. CTIの導入

  5. 当社のITツール活用(1)〜アケルン

  6. Facebookの投稿をキーワードで非表示にできる「Social Fi…

最近の記事

  1. 講演、セミナー
  2. 休暇
  3. 2019.07.15

    まずは寝よう

読書記録(ブクログ)