• IT

当社のITツール活用(4)〜 ファイル共有(ドロップボックス)

前回からの続き。



(全体像)

当社にはいわゆる「ファイルサーバ」は存在しない。事務所にはサーバはなく、すべてネット上に保管している。
ファイル共有サービスは「ドロップボックス」を利用している。同様のサービスはグーグルやマイクロソフトもやっている。

このデータには出張先からもアクセス可能だし、一部のフォルダのみを外部の人間と共有することも可能だ。
あるプロジェクトのみ外部の人間と協同作業する場合、ファイルの共有に重宝する。
筆者のような外出の多い人間は、事務所とモバイルノートのファイルが常に同期されている、ということは大きな価値がある。

(つづく)

関連記事

  1. 【Mac版オフィス2016】自動ハイパーリンクをオフにする

  2. タブレットを電車で眺める

    IPA「中小企業における情報セキュリティ対策に関する実態調査 事例集」…

  3. iphone6s/7のテキスト入力修正、バーチャルタッチパッドを使う

  4. メーカー顧客向けセミナー講師(ものづくり補助金)

  5. 【Mac】ファイル保存時にデスクトップを選択するショートカット

  6. ビジネスチャットサービスを活用する

最近の記事

  1. 2020.01.16

    社長の姿勢
  2. 頭の中のものを外に出す
  3. 2020.01.13

    利益の再投資

カテゴリー

読書記録(ブクログ)