• IT

【エクセル】数字より直感的に理解できる「データバー」

エクセルには、あまり使われていないけれども、便利な機能がたくさんある。
データバーもそのひとつ。

データバーは、セルのなかにグラフを表示してデータをわかりやすく見せるための機能だ。

たとえば、下のような表があったとする。

スクリーンショット 2016-09-03 14.30.22

数字部分のセルを選択し、「ホーム」タブから、「条件付き書式」>「データバー」からデータバーの色を選択すれば設定は終了。

スクリーンショット_2016-09-03_14_29_18

下の画像のように、数字部分のセル内にグラフが表示される。
数字が並んでいるよりも、ビジュアル化されてわかりやすくなっている。

スクリーンショット 2016-09-03 14.30.35

ちなみに、以前紹介したスパークラインは、複数のデータの推移を棒グラフや線グラフで見せるためのものでデータバーとは用途が異なる。

情報の見せ方(3)「データは細かすぎないように」

エクセルで作る資料は、ほんの一手間かけるだけでとても見やすくなる。
見やすいということは、読み手(上司やお客様)の負担を減らすことにつながる。

たいして難しい操作でもないし、積極的に活用したい。

関連記事

  1. メーカー顧客向けセミナー講師(ものづくり補助金)

  2. 複数のPC仕事を同時にこなす(仮想デスクトップ、Windows編)

  3. 当社のITツール活用(7)〜 そのメリットに比べ、コストは安い

  4. 文章入力を少しでもラクに(MS-IMEの辞書登録)

  5. 【Mac】PDFのファイルサイズを削減する

  6. Facebookの投稿をキーワードで非表示にできる「Social Fi…