携帯型ブックスタンドの活用(活字中毒の必需品)

移動中や打ち合わせの合間など、
ファミレスや喫茶店、公園で仕事をすることがままある。

パソコン作業が主ではあるけれど、
参考書籍を読んだり紙の資料を読み込むことも多い。

紙で渡された資料をパソコンに転記する場合や、
長時間の読書の際に役立つよう、
携帯型ブックスタンドを持ち歩いている。
たしか1,500円くらいで購入したと思う。

折りたたみ式で簡単に持ち運べ、机の上でも邪魔にならない。
A4のコピー用紙を置くと曲がってしまい読めないので、
固めのクリアファイルに入れて、倒れないように工夫している。
紙の資料を転記する際は、テーブルに置くよりも視点の移動が少なくて疲れない。

スクリーンショット 2016-01-05 08.25.00

携帯型とはいうものの、ちょっと嵩張るのが難点ではある。
角度はつけなくてもいいので、
本を手で押さえないでいいようにしたいという方は、
しおりタイプのページオープナーが便利だ(こちらも持っている)

関連記事

  1. 学びの時間を確保する

  2. 自分を拡げる(2012年読書まとめ)

  3. リーダー(Leader)は読書家(Reader)であれ(2016年読書…

  4. 書評「ストーリーとしての競争戦略:楠木健」

  5. 本棚

    経営コンサルタント(中小企業診断士)の読書量

  6. 複数の人生を生きる(2014年読書まとめ)

最近の記事

  1. 2021.01.08

    管理すべきは
  2. 新年、鶴、富士山

カテゴリー

読書記録(ブクログ)