ワーク+バケーション=ワークケーション

仕事と休暇の両立は、ここ数年のテーマです。

長旅がしやすくなる、米国発の新たな働きかた | COURRiER Japon NEWS

米国では「Work(仕事)」と「Vacation(休暇)」を合わせた「Work-cation(ワークケーション)」と呼ばれる働きかたを始める人が増えている。(snip!)ワークケーションとは、数日から数週間、旅先などから仕事をするというもの。この期間はれっきとした勤務日として扱われ、給与が支払われる。主に、勤務時間や場所の融通が利きやすい、IT系の企業で取り入れられている。

記事は給与所得者の話で、自営業者である私の場合はまた条件が異なるでしょう。

私の職業(経営コンサルタント【中小企業診断士】)の場合、クライアントとの打ち合わせとセミナー講師以外の仕事(執筆、資料作成等)は、場所と時間の融通が利きやすく、旅行中はこれらの仕事を一気に片付けてます。

DSC01028

また、今のところワークケーション(ワーケーションと表記している記事もあります)といってもせいぜい5日間くらいが限界です。(それを越えると、前後のスケジュールが殺人的になる・・・)

来年は仕事のやり方を抜本的に見直し、ワークケーションをきちんと取れるようにしたいですね。
併せて、労働時間を短縮化するための取り組みも進めていきます。

関連記事

  1. ひとり合宿その14(レゾネイトくらぶくじゅう)

  2. ひとり合宿その12(天草)

  3. アメリカ旅行(4)〜グランドキャニオン

  4. 2018年秋京都行

  5. ひとり合宿2015年まとめ(小樽、ケアンズ、くじゅう、プラハ)

  6. ひとり合宿その13(八重山諸島):南国の花編

最近の記事

  1. 嫉妬、嫉み、羨望、比較
  2. 休暇
  3. 旅行、出張

    2019.10.08

    東京出張

カテゴリー

読書記録(ブクログ)