旅をする理由

「ときにはどこかへ出かけてリラックスすることも必要だ。ずっと仕事をしていると判断力が衰えてくる。
どこか遠くへでかけなさい。
そうすれば仕事の全体像がわかるし、調和がとれていないところがよく見えるようになる」
ーレオナルド・ダ・ヴィンチー

自営業者であり、(皆様のおかげで)仕事は常に忙しいです。
そんな中、旅行に行くことは時間のロスではあります。

しかし、それでも、年に数回は旅行に行きます。どんなに忙しくなっても旅を辞めるつもりはありません。
ここ最近、社員の採用や事業エリアの拡大などの構想を練っていますが、事業がどれだけ大きくなっても旅は続けることでしょう。

行き先は、クリスマスのプラハだったり、2月のベトナム、5月のアムステルダムや厳冬の小樽、秋の久住高原など。
近場だけれども降りたことのない駅で降り、街中をふらりと散策することもあります。

“There is a kind of magicness about going far away and then coming back all changed.”
「遠くに行くことはある種の魔法で、戻ってきたときにはすべてが変わっている」
ーケイト・ダグラス・ウィギンー

「ある種の魔法」にかかるべく、これまでも、そして、これからも。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

関連記事

  1. ひとり合宿その7〜くじゅう二年目〜

  2. ひとり合宿5〜京都

  3. アメリカ旅行(1)〜ラスベガス

  4. ひとり合宿その14(レゾネイトくらぶくじゅう)

  5. GOTOトラベル

  6. ひとり合宿その12(天草)

最近の記事

  1. 2020.10.13

    数字は数字
  2. 2020.10.08

    罪とバス

カテゴリー

読書記録(ブクログ)