遠くに行くことの魔法

出張先での仕事を終え、近くの山村に宿泊。民宿の宿泊者は私ひとりだけだった。

座椅子に座ってひたすら仕事。静かで邪魔のない環境で、作業が捗る。

翌日はカメラ片手に近所を散策、残念ながら紅葉はもうほとんど終わっていたけれど、枯れ木もまたそれはそれで趣があるものだ。

定期的に遠くに行かないと、精神に変調をきたしてしまう。
特に今年はコロナのせいで出張が減ったので、意識して旅をしないと、自分の中で何か澱のようなものが溜まり、腐っていくような気がする。

“There is a kind of magicness about going far away and then coming back all changed.”
— Kate Douglas Wiggin
「遠くに行くことは一種の魔法で、戻ってきた時には全てが変わっている」
ケイト・ダグラス・ウィギン

遠くに行ったからといって、現実は何も変わらないけれど、
自分の心持ちは、多少変わってしまうことがある。私はそれを期待しているのだと思う。

関連記事

  1. 旅をする理由

  2. ひとり合宿5〜京都

  3. 錦帯橋、岩国城

  4. ひとり合宿その7〜くじゅう二年目〜

  5. 明治村

  6. 2018年秋京都行

最近の記事

  1. 2022.12.07

    世情に疎い
  2. 2022.12.05

    旦那のように
  3. 2022.12.02

    散歩
  4. 2022.11.30

    思えば遠くに
  5. 2022.11.29

    暗黙の信頼

カテゴリー

読書記録(ブクログ)