ホテルのデイユース

ちょっと仕事が詰まってきて、根を詰めてやらないといけなくなってきている。
本来、背水の陣を引いた時点ですでに勝負に負けているような気もしないでもないが、仕方がない。
人不足が恨めしいが、だからと言って誰でもやれる仕事でもない(今のスタッフは本当によくやれてるなあと、社長ながら感心する)。

電話会議が多い日だったので、カフェでという訳にも行かない。
会員になっているビズコリリージャスも考えたが、オープンスペースになるので、お客様と来期の売り上げについて熱い議論をする訳にも行かない。

そこで、ホテルのデイユースプランというやつを使うことにした。
場所は中洲のホテル「ザ ライブリー」。コワーキングスペースも併設されている。

THE LIVELY(ザ ライブリー)博多福岡 ※2019年夏オープンの日帰り・デイユースプラン – 宿泊予約は<じゃらん>

ベッドはなかった。机と椅子だけの個室。恐ろしく集中できる。
ざわざわした雰囲気を楽しみたいのであれば、客室利用者は1F2Fのコワーキングスペースを自由に使えるので、そこに移動すれば良い。
仕事が終わったらチェックアウトして夜の中洲まで徒歩1分(下戸の私にはあまり意味はないけど)。

職場や自宅とは違う、仕事のできるサードプレイスとして、こういった取組は非常にありがたい。
コワーキングスペースでワイワイやりたい時ばかりじゃない。

関連記事

  1. 旅をする理由

  2. GOTOトラベル

  3. ワーケーション

  4. 明治村

  5. ひとり合宿その2〜天川村、吉野山、比叡山、平等院鳳凰堂

  6. ひとり合宿その13(八重山諸島):南国の花編

最近の記事

カテゴリー

読書記録(ブクログ)