ひとり合宿その7〜くじゅう二年目〜

2015年秋、昨年に引き続き、大分のくじゅうにあるホテル「レゾネイトクラブくじゅう」に3泊しました。

パソコンとノート、スマホと着替え、少しばかりの書籍を抱えて辺鄙な場所へ。

一人で事業をしていると、仕事そのものに追われるあまり、中長期的なことに思いを馳せるのを忘れがちです。定期的に行う「ひとり合宿」は、自分と事業の将来をじっくり考える、私にとってとてもたいせつな時間です。

草原を散歩して、温泉につかり、美味しい料理を食べる。最終日には乗馬体験もしました。もちろん、目的である「来期の事業計画」もあらかた完成しました。

将来のことは、正直わかりません。状況は日々変わります。

事業計画というのは、「予言」ではなく「ものさし」のようなものです。予言のようには当たらないけれど、少なくとも、自分の進んでいる道が正しいかどうかのものさしにはなる。

今回の旅で、いい「ものさし」ができました。来期もうまくやれますように。

DSC01011 DSC01024 DSC01028 DSC01036 DSC01048 DSC01068 DSC01073 DSC01077 DSC01086 DSC01097

関連記事

  1. 明治村

  2. ひとり合宿その13(八重山諸島):ドローン空撮編

  3. ワーケーション

  4. ひとり合宿その14(レゾネイトくらぶくじゅう)

  5. ひとり合宿その4〜くじゅう

  6. アメリカ旅行(4)〜グランドキャニオン

最近の記事

  1. 言葉に力がある

    2023.01.18

    言い方一つで
  2. 2023.01.16

    いい風に
  3. 2023.01.12

    シビアな世界

カテゴリー

読書記録(ブクログ)