M1Max MacbookPro 16インチ

パソコンは1年半ごとに買い換えるようにしている。
設備投資がいらないサービス業の当社に置いて、ほぼ唯一の商売道具なので、ここには金をかけるべきだ。

というわけで、発売されたばかりのマックブックプロ、16インチを購入した。 (M1Max/64Gmem/2TSSD)
大きく、重い。しかし圧倒的なパワーと大画面をどこでも使えるというのはそれらデメリットを補ってあまりある魅力だ。
これを持っていれば、パソコンの性能を言い訳にすることはできない。これ以上の性能をもつものが存在しないのだから。

まあ、重いとはいえ、10年以上前に使っていたPowerbookG4に比べれば・・・

事務所に置いてあったiMacProも退役?し、ProXDRDisplayと今回購入したM1Max MacbookPro16を接続して運用してみる。
今までは事務所iMacPro+XDRDisplay、自宅はMBP16、モバイルはM1 MacbookAirだったのを一つに集約した。
マルチモニタはあえて排除し、Mission Control(仮想デスクトップ)の機能だけで仕事をしてみる。

ついでにキーボードも指紋認証ができるタイプに新調した。
ガジェットを変えると気分が上がる。
年末まで忙しい日々が続くけど、このドーピングがあればなんとか乗り切ることができるような気がする。

関連記事

  1. AppleWatchで男の「時計グレード競争」から距離を置く

  2. 多数の筆

    筆箱がスタンドに変形する「クリッツ」、小型タイプ

  3. 騒音に我慢できない

    無音の世界で集中する(3M PELTOR X5A レビュー)

  4. 方眼紙ポストイット

  5. 一瞬考える時計

  6. GEMINI PDA。キーボード付き横画面スマホ

最近の記事

カテゴリー

読書記録(ブクログ)