久しぶりのThinkpad

テレワークに伴い、会社に置いてあったWindowsノートは全て従業員に貸与した。
今後も同様の事態が起こると想定し、スタッフの自宅に置いたままにしているものもある。

そこで、自分用の新たなWindowsノートとして、Thinkpad X1 Carbonを購入。

もう10年以上前になる、勤め人時代はこのPC(当時はIBMだった)を使っていた。
会社支給のものに、自分で購入した英語キーボードを交換(当時のThinkpadはキーボードが簡単に交換できた)し、自分仕様に改造していた。

当時から自宅ではマックを使っており、独立に伴いノートPCもマック(Macbook)に統一し今に至る。

現在主力のノートPCであるMacbookPro16インチと、このX1をどう使い分けるかはこれから考える。
データは全て同期しているし、文字変換もATOKで辞書データ同期を行っている。
日によって使い分けても、それほど問題はない。技術の進歩はすばらしい。

関連記事

  1. GEMINI PDA。キーボード付き横画面スマホ

  2. 掃除はロボットにお任せ

  3. Magic Keyboardに合うテンキー

  4. 静かな環境を軽視するな

  5. 折りたたみ式携帯ホワイトボードの活用

  6. iPod Touch

最近の記事

  1. ディスコミュニケーション
  2. 2020.07.05

    V-RESAS

カテゴリー

読書記録(ブクログ)