久しぶりのThinkpad

テレワークに伴い、会社に置いてあったWindowsノートは全て従業員に貸与した。
今後も同様の事態が起こると想定し、スタッフの自宅に置いたままにしているものもある。

そこで、自分用の新たなWindowsノートとして、Thinkpad X1 Carbonを購入。

もう10年以上前になる、勤め人時代はこのPC(当時はIBMだった)を使っていた。
会社支給のものに、自分で購入した英語キーボードを交換(当時のThinkpadはキーボードが簡単に交換できた)し、自分仕様に改造していた。

当時から自宅ではマックを使っており、独立に伴いノートPCもマック(Macbook)に統一し今に至る。

現在主力のノートPCであるMacbookPro16インチと、このX1をどう使い分けるかはこれから考える。
データは全て同期しているし、文字変換もATOKで辞書データ同期を行っている。
日によって使い分けても、それほど問題はない。技術の進歩はすばらしい。

関連記事

  1. 短距離移動はキックボードで

  2. AirPodsを試し、BOSEのノイズキャンセラの有り難みを再確認する…

  3. 異空間の演出、エア盆栽

  4. 騒音に我慢できない

    ノイズキャンセリングヘッドフォンは移動疲れの低減に役立つ

  5. 5種類のアロマを気分に合わせて、どこにいても(Sony Aromast…

  6. 定番商品の進化。アラビックヤマトツイン

最近の記事

  1. 2022.12.07

    世情に疎い
  2. 2022.12.05

    旦那のように
  3. 2022.12.02

    散歩
  4. 2022.11.30

    思えば遠くに
  5. 2022.11.29

    暗黙の信頼

カテゴリー

読書記録(ブクログ)