良質のアウトプットのためには良質のインプットが必要(ビズコリ)

熊本出張の帰り、次の打ち合わせまでに時間があったので中途に位置する「ビズコリ」で仕事。

BIZCOLI

img_5637

オープン数日後に訪問し、それからずっと会員だ。
数ヶ月前に法人会員へとランクアップ?した。これで社員も利用できる。

BIZCOLIはフリーランスにとっての理想のワークプレイス

経済図書館「ビズコリ」のチラシ裏面「会員の声」に掲載されました。

私は年に数回、中小企業診断士の実習講師をしている。
実習の内容は、中小企業の社長にヒアリングし提案資料を作成・プレゼンというもの。

初日には必ずビズコリに受講生を連れて行き、徹底的に資料調査をさせる。
良質のアウトプットをするためには、まずは良質のインプットが必要。
ここには、白書や専門誌、九州各地の新聞など、ネットにない情報がたくさんある。

事務所が遠くなってからあまり行かなくなってしまったが、相変わらず居心地のよい空間。
「ビズコリに直行直帰する日」を定期的に設けてみようか。

関連記事

  1. ルールを増やさない、定期的に廃止する。

  2. ものづくり中小企業『九州版・事業化プロデューサー集』に掲載されました。…

  3. 期待に応えられるように

  4. やり方はいくつもある

  5. 専門家になるのか、経営者になるのか

  6. カレンダー、ピン、予定、重複

    計画と、長すぎない時間

最近の記事

  1. ディスコミュニケーション
  2. 2020.07.05

    V-RESAS

カテゴリー

読書記録(ブクログ)