交渉は勝ち負けではない

交渉はスポーツとは違う。ディベートとも違う。

スポーツ、例えば野球であれば勝ち負けは誰の目にも明らかだ。
いっぽう、交渉とは「双方の条件を出し合い、合意点を見いだす」行為であり、そこには明確な勝ち負けはない。

「相手を言い負かした、俺の勝ちだ」と得意になっても、それは一時的なものだ。
家電量販店での交渉など、一回だけのものならそれでもいいだろう。

しかし、これからもその相手と交渉するとしたら?企業間の取引などはほとんどそうだ。

恨みをもった相手から次回の交渉でどんな仕返しをされるかわかったものではない。
また、交渉で決定したことの履行を遅らせる、解釈をずらすなどといった地味な抵抗も予想される。

双方ともに笑顔で別れるのが交渉の理想である。
交渉を勝ち負けで考えている時点で、その人は長期的な視点で見た交渉に「既に負けている」のだ。

関連記事

  1. まずは自分でやってみてこそ、専門家の凄さが理解できる。

  2. GWが終わって

  3. 中小企業も補正予算を編成してみては

  4. SWOT分析

    「強み」と言われてもピンとこないのなら「良い違い」を探す

  5. 完璧な解決策があるように見えるなら、そもそもの「問い」を疑うべき

  6. 1+1=2ではない?「社会的手抜き」の発生【解決編】

最近の記事

  1. ピザ
  2. ディスコミュニケーション
  3. 旅行、出張
  4. バックアップ、プランB

カテゴリー

読書記録(ブクログ)