それは反省文?状況報告?願望?いいえ、事業計画です

事業計画には「過去」「現在」そして「未来」が
バランスよく組み込まれてないといけない、
と考えている。

バランスの悪い事例を、
極端なケースで考えてみよう。

過去ばかりの「反省文」

過去にこんな失敗をした。売上が最盛期の30%になった、
従業員が退職した、返済ができずに猶予をお願いした・・・

こんなことばかり書かれていたら、
それはただの「反省文」でしかない。

過去のことを説明するのは、
それが現状に至る道筋を
表すのに必要だからであって、

ただ過去のこと「だけ」を書いても、
それが事業計画として相手の心を
動かすことはないだろう。

#逆に言えば、現在や未来と関係のない
#ネガティブな過去は、わざわざ
#事業計画に記載する必要はないとも言える。

現在ばかりの「状況報告」

先月の売上が調子がいい、今の預金残高が300万だ、
お客様から好評価をいただいている・・・・

現在の状況報告は大事だが、
それだけだと、
「なぜそうなっているのか」
がわからない。

過去との繋がりがない
「現在」など存在しない。

いま調子がいいのなら、
過去の何かがプラスに働いた可能性が高いし、

いま調子が悪いのであれば、
過去にしたこと、
もしくは「しなかったこと」
がマイナスの影響を及ぼしている可能性が高い。

#もちろん偶然に調子がいい
#可能性だってある。
#この見極めは難しい。

未来ばかりの「願望」

いま大きな案件のお誘いが来ている、
来期の新事業は成功間違いない・・・

こんなことを言っても、
事業計画を見る相手は簡単に信用することはない。
#大手企業の押印がある発注書でもあれば別だが。

未来の話は、正直どうとでも言える。
裏付けのない未来の話は「願望」に過ぎない。

願望ではなく事業計画にするには?
未来だけではなく、過去から現在にいたる
経緯をしっかり説明し、
「先のことは分からないが、これまでの経緯を
考えると、言う通りになる可能性は高いな」
と、相手に思わせなければならない。

時間軸を意識し、全てをつなげる

以上、あくまで説明のために
極端なケースで考えてみた。

実際には過去だけ、現在だけ、未来だけの
事業計画を作る人はあまりいないだろう。
しかし、二つだけ書いて一つを忘れる・・
といった事業計画は、思いのほかよく見る。

あなたは、あなたの会社は、
かつてどこから来て、いなどこに居て、これからどこへ行くのか?

全ての要素が入っていて、
かつ矛盾なく繋がっている。
ひとつの淀みなく流れる「物語」になっている。
それがほんとうの「事業計画」だ。

関連記事

  1. 業務フロー

    どのフェイズの話をしていますか

  2. 当たり前のことをできるか

  3. リーダーシップは前を、マネジメントは後ろを

  4. 平成30年度 北九州市産業用ロボット導入支援補助金

  5. 戦略成功のために必要な要素

  6. 事業承継に関するパンフレット「会社を未来につなげるー10年先の会社を考…

最近の記事

  1. 講演、セミナー
  2. 休暇
  3. 2019.07.15

    まずは寝よう

読書記録(ブクログ)