正しく間違えるよりも、漠然と正しいことを選ぶ

曲がりくねった道

どんなに正しくても、間違った方向に進めばゴールへはたどり着きません。

I’d rather be vaguely right than precisely wrong.
「正しく間違えるよりも漠然と正しい方がましだ」
-J.M.ケインズ

ビジネスでやりがちなのは「正しく間違える」こと。
データもある、ロジックも完璧、このプランは成功間違いなしだ。でも、やってみると大失敗。

何が悪かったのでしょうか?
データを集める際、「自分の意見をサポートしてくれるもの」だけを重視し、意見を否定するものを無視していませんでしたか?
ロジックは通っているけれど、他にもいろいろなパターンが考えられませんか?
よくある例ですが、靴を履く文化のない島に上陸した靴の営業マンが、「ここには市場がない」と思うか、それとも「未開拓の市場だ!」と思うか。
正直なところ、ロジックはある程度頭の良い人であれば、いかようにも構成することができます。

正しく間違えてしまわないためには、できる限り多面的な視点から物事を眺めること。
選択の基準は、データやロジックの精度ではなく、あくまで「目的を達成できる可能性」の大小です。

漠然とでも正しいものを選ぶことさえできれば、あとはやりながら修正していけばいい。

関連記事

  1. 経営者でもなく、かといって学者でもなく

  2. 多忙なビジネスマン

    本当に一人でやっていたの?

  3. 7割の法人が税金を払ってないけれど

  4. 出張、旅行

    移動時間の過ごし方

  5. カレンダー、ピン、予定、重複

    「念のため」のコスト

  6. 嘉麻市創業塾「ビジネスモデルキャンバス」

最近の記事

カテゴリー

読書記録(ブクログ)