社長元気で留守がいい

王様

社長が一週間海外旅行に行ったとしても、何の問題もなく回る組織が理想。
と、何かの本で読んだことがある。

海外旅行は「連絡が取れなくなる」という意味なのだろう。
今は海外に行っても頻繁に連絡を取ることができるので、「社長が一週間音信不通になったとしても」とか、言い換えた方がいいのかもしれない(昔の本だった)。

この言葉の意味は、「社長がいなくても回るよう、仕組み化・システム化・マニュアル化を進めろ」ということだと理解している。
今、自分が一週間会社のメールを見ない、社内システムを見ないということができるかというと、それで会社が回るかというと、多分無理だろう。

仕組み化もまだまだ道なかばで、まだまだ個人技に頼っているところも多い。
しかし完全なマニュアル化で没個性な仕事のやり方というのも、それはそれで問題がある。
社員を「歯車」として、交換可能な部品として扱う会社で誰が働きたいと思うだろうか。

個性を生かしつつ仕組み化を進める。言うは易し、行うは難し。
いつか、良い落とし所が見つかるといいのだけれど。

関連記事

  1. 敵を間違えるな

  2. 数字、数学、パズル

    マジックナンバー7は都市伝説

  3. 計画するのは何のため?

  4. いつか来た道

  5. ふくおかIST IoT推進コーディネータに就任

  6. 当たり前にやれば、それだけで

最近の記事

  1. 2022.08.17

    二つの時計
  2. 数字、数学、パズル

    2022.08.09

    数を数える
  3. 2022.08.04

    笑いの共有
  4. 2022.08.01

    何をやっても

カテゴリー

読書記録(ブクログ)