テストの繰り返し

経営はテストの繰り返しだ。
自社の役に立ちそうなネタを見つけたら、まずはテストしてみる。
テストは小規模に行う方がよい。大規模にやると失敗したときのダメージが酷いし、修正もやりにくい。
ある部署だけとか、ある取引先だけ、そういったかたちで小規模に試す。

試してみて、上手くいかなかったのなら、修正して再度テストする、もしくは「この方向を深掘りしても仕方がない」という結論を出して、辞めてしまう。
たとえ同業者がその方法で成功していたとしても、自社ではうまくいかないこともある。
社長の価値観が違うし、社内文化も異なる。顧客だって違う。既存の業務フローやシステムもまったく別ものだろう。

自社の状況に合わせて修正を繰り返し、うまくいく確信(100%はないだろうが)が持てれば、全社に展開する。

現状に満足する方が楽だけど、やり方を変えるのはストレスだけど、
従業員から不満も出るだろうし、取引先から嫌味のひとつも言われるけれど、
ビジネスは競争なので、競合の一歩先、一手先を見据えて動かなければ、レースに負けてしまう。

関連記事

  1. 特注品は、新事業のための試作品である

  2. 天国へ行く最も有効な方法は、地獄へ行く道を熟知することである

  3. 一人だけ抜け出すイメージ

    ネットではできないことを探す

  4. 専門外のことを話すときは謙虚であれ

  5. 過去を見渡せる者は

  6. 数字、数学、パズル

    その可能性、数字で言ってみて

最近の記事

カテゴリー

読書記録(ブクログ)