相手に届く言葉で

文章を書くときに、
それを読んでくれる相手の
ことを考えて、書く。

当たり前のことなんだけれど、
つい忘れてしまう。

自分のための言葉

難しい単語、冗長な言い回し、
いろいろな意味にとれる内容、、、、、

相手に意図が正しく伝わるかは
まったく気にしていない。
ただ、頭のいい自分に
酔っているのが透けて見える文章。

SNSには、こういった「で、何が言いたいの?」
と頭を捻るような投稿が溢れている。
(もしかしたら自分もしているかもしれない)

王様

相手に届く言葉を使おう

詩人なら、作家なら多義的な文章でもいいだろう。
よい文学作品は、読む度に新たな発見があると言うことだし。

しかし、ビジネスなら、
何かを相手に伝えたいのなら、
相手に届く言葉で語る必要がある。

  • 比喩を使って日常生活の出来事に喩える。
  • 数字で具体的に量をイメージさせる。
    #効果は疑問だが、東京ドーム○個分!という表現など
  • 聴き手が共感できる事例を紹介する

他にも、考えらえれる手法を総動員して
伝えたいことが正確に伝わる努力をする。

必要であれば、酒席を設けてもいいし、
根回しが必要ならそうすればいい。

文学ならその両義性なり余白に
趣があり、そこに価値もある。
しかし、ことビジネスにおいては、
伝わらない美文には何の価値もないのだ。

関連記事

  1. 経済図書館「ビズコリ」のチラシ裏面「会員の声」に掲載されました。

  2. 前提条件がおかしければ、不可解な結論しかでてこない

  3. ディスコミュニケーション

    認識は常にずれる

  4. 経営理念は無理に作らなくてもいい。それは、自然に現れるもの

  5. 嫉妬、嫉み、羨望、比較

    仕事は選べないが、仕事のやり方は選べる

  6. じっくり話合う

    話せば出てくる、しかし書くとなると

最近の記事

  1. ピザ
  2. ディスコミュニケーション
  3. 旅行、出張
  4. バックアップ、プランB

カテゴリー

読書記録(ブクログ)