先端設備等導入計画。ものづくりの町、北九州市が早速受付開始

製造業の多い町ですので、当然と言うべきか。

北九州市が、他の自治体に先駆けて「先端設備等導入計画」の
受付を開始しました。

本制度は、昨日のブログでも説明したとおり、
固定資産税3年間ゼロ、および補助金での優先採択という特典があります。

ただし、固定資産税無料の措置に関しては、
設備の導入前に認定を得ておく必要があります。

固定資産税の対象となるような
設備を導入する予定のある企業は、
早めの申請をお勧めします。

他の自治体も順次受付を始める

他の自治体も今月から来月にかけて、
受付が始まると予想されます。

#本制度を実施しない自治体もあります。

自治体の担当部署や商工会等に問い合わせれば、
現在の状況を教えてくれますので、本制度が気になる企業は
窓口までお問い合わせ下さい。

関連記事

  1. 検索

    事例を調べよう「ものづくり補助事業関連サイト」

  2. お金を稼ぐ

    総務部が利益を出せる数少ない手段

  3. ルールを知る

    補助金と同じ額を稼ごうとしたら?

  4. 66パーセントディスカウント

    設備の老朽化、IT投資の不足・・補助金を活用しよう

  5. 平成27年補正予算成立。ものづくり補助金や持続化補助金、省エネ系の補助…

  6. 「IoT減税」開始〜関連投資に税額控除or特別償却

最近の記事 おすすめ記事
  1. 数字、数学、パズル

読書記録(ブクログ)