補助金の季節に向けて(5)〜「試験範囲」を把握する

先日、「あらゆる補助金には目的があり、目的に合わせて事業内容の見せ方を変える」ことを書きました。

補助金の季節に向けて(4)〜補助金は「後払い」、立替金が必要

今回の内容をひとことで言えば、「補助金の申請は、中間テストである」です。

試験範囲が公開されている

ほとんどの補助金の公募要領には「審査項目」が明快に記載されています。
たとえば、先日2/5に発表があったものづくり補助金、22ページの表2がその審査項目となります。

申請書はこの審査項目に沿って採点され、上位の企業が採択(合格)となるわけです。

中間テストは、試験範囲が明確ですよね?
補助金の審査も同じで、どういったポイントが審査の対象となるかがあらかじめ明らかになっています。

試験範囲を勉強しよう。申請書にキーワードを入れよう

試験範囲がわかっているのに別の分野を勉強する人は居ないですよね。

申請書を作る際、その内容が「審査項目」をきちんとアピールできているかをきちんと確認しましょう。

たとえば、審査項目(3)事業化面の項目(3)には、「補助事業の成果が価格的・性能的に優位性や収益性を有し(後略)」とあります。
であれば、申請書で謳う事業の成果に関して「価格的・性能的に優位性や収益性を有している」ことをしっかりと、審査員にわかりやすくアピールしなければいけません。

企業が自ら作った申請書を添削する際、この基本ができていないことも多いです。
このことを意識して書くだけで、合格率はかなり上がると思いますよ。

過去の記事はこちら>
補助金の季節に向けて(1)〜補助金と助成金の違い
補助金の季節に向けて(2)〜補助率の考え方
補助金の季節に向けて(3)〜補助事業の目的を押さえる

関連記事

  1. 中小企業対策関連予算のまとめサイト(本家)

  2. 令和2年度 エネルギー使用合理化等事業者支援事業

  3. エネ合(設備単位)補助金、始まる

  4. 「生産性特別補助金」その実態は

  5. 2019ものづくり補助金 詳細解説(3)〜ページ数制限の追加

  6. 検索

    事例を調べよう「ものづくり補助事業関連サイト」

最近の記事

  1. 2022.12.07

    世情に疎い
  2. 2022.12.05

    旦那のように
  3. 2022.12.02

    散歩
  4. 2022.11.30

    思えば遠くに
  5. 2022.11.29

    暗黙の信頼

カテゴリー

読書記録(ブクログ)