「生産性特別補助金」その実態は

経済産業省・中小企業庁は、年明けの通常国会で審議される「平成30年第2次補正予算案」にて、「生産性特別補助金」を創設する予定、との記事が日刊工業新聞のウェブサイトにアップされました。

記事を読むと、何か新しい補助金が創設される・・というわけではないようです。
「生産性特別補助金」は、従来からあった「ものづくり補助金」「IT導入補助金」「小規模事業者持続化補助金」の3つをパッケージにしたものです。
予算規模は1千億円で、このうち大半を「ものづくり補助金」に充てる、とのこと。
詳細な内訳はまだ明らかになっていませんが、「大半」というくらいですから、7〜8割は「ものづくり補助金」の予算なのではないかと思われます。

今回の記事では、以前紹介したこの記事と比較して、それほど新しい情報は出ていません。

今回敢えて「生産性特別補助金」という名称で、従来とは違う「包み紙」を持ち出したのは、経済産業省・中小企業庁が予算確保をするための何らかの事情があるのでしょうが、その内実は従来と変わらないと予想されます。

年末には補正予算案の内閣閣議決定がなされ、もう少し詳細な情報が出てくると思われます。引き続き情報収集を行います。

関連記事

  1. 認定支援機関制度に更新制が導入されます。中小企業への影響は

  2. ものづくり補助金、認定支援機関としての宣伝効果

  3. H29年の中小企業関連予算概算要求発表(H28年補正含む)

  4. 2019もの補助 結果分析(2)〜 福岡県採択企業の1割強は当社支援先…

  5. デジタルで伝える

    IT補助金 一次採択者発表。比率分析(九州のみ)

  6. もの補助の公募開始、2月中旬との話

最近の記事 おすすめ記事
  1. 講演、セミナー
  2. 休暇
  3. 2019.07.15

    まずは寝よう

読書記録(ブクログ)