平成29年度ロボット導入実証事業

ロボット

平成29年度ロボット導入実証事業の公募が始まりました。

予算は三億円程度。ABCの三類型が対象になります。

【A.未活用領域における導入実証・FS(実現可能性調査)事業】
補助金上限額 導入実証:3,000万円、FS:500万円
補助率 中小企業:2/3、大企業(中小企業以外):1/3
三品産業(食品・化粧品・医薬品産業)又はサービス産業におけるロボット活用であって、これまで当該分野における活用が進んでこなかった阻害要因を明確に特定し、これを解決するためのロボット導入実証やFSを行う計画を対象とします。

【B.コスト削減に向けたSIプロセス実証事業】
補助金上限額:3,000万円
補助率 中小企業:2/3、大企業(中小企業以外):1/2
ロボットシステムの構想・設計・導入を担うシステムインテグレータと密に連携し、ロボットシステムの導入におけるシステムインテグレーションのコストを削減する設計手法の実証を行う計画を対象とします。

【C.公共空間におけるロボット社会実装プロジェクト】
補助金上限額 導入実証:3,000万円、FS:500万円
補助率 中小企業:2/3、大企業(中小企業以外):1/2
空港や市街地、ショッピングモール、ホテル、飲食店、駅などの公共空間においてサービスを提供するロボットの活用について、価値評価手法の確立などを通した、社会実装に向けたロボット導入実証やFSを行う計画を対象とします。

締切は7月28日(17時必着)です。
各地で公募説明会が行われるようです。(当社も参加します)

当社はものづくり補助金における「ロボット・AI・IoT」類型の採択実績もあり、当該領域における支援実績も豊富です。申請を検討される方は当社までご相談ください。

関連記事

  1. グループ補助金、一次分支援終了。次回締め切りは8月26日

  2. 2020年(R1補正)もの補助チラシより〜(4)新たに追加された類型(…

  3. 令和元年度補正予算 補助金情報その3「エネ合補助金」

  4. IT補助金三次募集開始。2週間毎の審査と、採択後の報告義務緩和

  5. 予算規模で振り返る持続化補助金

  6. チェックリスト

    事務局公募から読み解く、2020年ものづくり補助金(3)

最近の記事

カテゴリー

読書記録(ブクログ)