よくわかる持続化補助金(4)〜枠を2倍の100万円にする方法(1)

持続化補助金の補助額は、基本的には「3分の2、最大50万円」です。
ただし、下記の3条件のうち1つでも満たせば、「3分の2、最大100万円」と、枠が二倍になります。

  1. 雇用を増加させる
  2. 買い物弱者対策事業を行う
  3. 海外展開を行う

昨年との違い

昨年は、「海外展開を行う」というのは条件に含まれていませんでした。
代わりに、「従業員の待遇を上げる」という条件がありました。

今年のルールでは、従業員の待遇を上げることは、合格率を上げる(加点項目)要因になりますが、枠は二倍にはなりません。

海外展開で枠が二倍になるのは、おそらくTPP関連の措置だと思われます。

雇用を増加させるとは

スクリーンショット 2016-03-12 05.37.55

<条件(全てに合致する場合のみ補助上限額の引き上げが認められます。)>

  • 公募開始日(平成28年2月26日)以降、作成した経営計画・補助事業計画の実行を目的として新たに従業員を雇用すること。
  • 当該従業員を狭義の社会保険(厚生年金保険、健康保険)の被保険者とすること。
  • 当該従業員を狭義の社会保険(厚生年金保険、健康保険)に加入させ、少なくとも補助事業完了日まで雇用を継続させること。
  • 補助事業完了日時点で公募開始日よりも、狭義の社会保険の被保険者である従業員数が純増していること。

事業実施後に証明書類の提出が必要

当たり前ですが、合格後、実績報告の時点で証拠書類の提出が求められます。

「被保険者縦覧照会回答票の写し」(管轄する年金事務所から取得してください。)

  • 本補助事業完了日以後に発行を受けたものを提出してください。
  • 雇用者数の増減を確認するために提出いただくものであるため、公募開始日からの期間について取得してください。
  • 同回答票の写しについては、記載された各従業員のうち、当該新規雇用者(経営計画・補助事業計画の実行を行う者)が誰かわかるように記述等をしてください。

補助金の枠を二倍にするために雇用を増やす、、というのは本末転倒です(人件費を払えば簡単に収支マイナスになる)が、
雇用を増加させようと思っていた会社にとってはチャンスです。

2.買い物弱者対策、3.海外展開に関しては別記事で。

よくわかる持続化補助金 (5)〜枠を二倍の100万円にする方法(2)

よくわかる持続化補助金(6)〜枠を二倍の100万円にする方法(3)

よくわかる持続化補助金(3)〜で、いくらもらえるの?

よくわかる持続化補助金(2)〜何に使えるの?

よくわかる持続化補助金(1)〜どんな会社が申し込めるの?

関連記事

  1. H30年度2次補正予算成立。補助金の号砲

  2. ものづくり補助金の神話(3)〜 会社の規模が小さいと採択されない?

  3. 【ものづくり補助金】事務局は従来と同様「中央会」に決定

  4. 2018ものづくり補助金二次公募 解説その6〜 事業類型(3)小規模型…

  5. H29年の中小企業関連予算概算要求発表(H28年補正含む)

  6. 補助金の季節に向けて(3)〜補助事業の目的を押さえる

最近の記事 おすすめ記事
  1. 講演、セミナー
  2. SWOT分析

読書記録(ブクログ)