よくわかる持続化補助金(1)〜どんな会社が申し込めるの?

既報の通り、小規模事業者持続化補助金の公募が始まりました。

H27補正(H28年実施)持続化補助金の公募開始

今回からシリーズで、持続化補助金について説明していきます。

従業員数

スクリーンショット 2016-03-02 05.19.45

申し込める企業には、従業員の人数制限があります。
製造業および宿泊・娯楽業なら20人以下、それ以外の職種は5人以下です。

ここでいう従業員とは、上の表にあるように、正社員および正社員と同じ労働時間のアルバイトです。
短時間・短期のアルバイトは対象外です。また、経営者自身や役員も対象外。
個人事業主で家族が働いている、いわゆる「専従者」は、従業員としてカウントしますので注意。

組織の形態

スクリーンショット 2016-03-02 05.19.54

株式会社、有限・合資・合名・合同会社、個人事業主はOKです。
また、開業予定者でも申請できます。その場合、申請時点で開業届けを出しておく必要があります。

対象外となるのは、それ以外の組織、具体的には、
組合や医療・宗教・学校法人、NPO法人です。個人事業主ではあるものの、医者、歯科医師、助産師も対象外です。

大企業の資本が入っていたり、役員の半分が大企業の役員である場合も「みなし大企業」として小規模企業では無くなりますので対象外になります。

関連記事

  1. 2019もの補助二次募集(H30補正予算)解説〜(4)加点の種類

  2. 上昇するイメージ

    首相が来年の「ものづくり補助金」実施を明言、予算規模は拡大する?

  3. 【北九州市】事業承継・M&A促進化事業助成金

  4. 「経営力向上計画」と「先端設備等導入計画」の比較表

  5. 小規模事業者持続化補助金 採択発表

  6. H29年予算、創業補助金の「事務局」募集開始。しかし・・・・

最近の記事

  1. 2019.11.13

    緑の効果
  2. 2019.11.12

    冬に向けて
  3. 2019.11.11

    攻撃への対応
  4. お金を稼ぐ
  5. 好成績

カテゴリー

読書記録(ブクログ)