予算規模で振り返る持続化補助金

販売促進・販路開拓の費用の3分の2、最大50万(条件によっては100万)の補助が出る「小規模事業者持続化補助金」。

本年の公募はすでに締め切られ、7月上旬といわれる採択発表をいまかいまかと待っている状態です。ここで、小規模補助金の歴史をその予算額で振り返ってみましょう。

3年前に始まった

小規模事業者持続化補助金、俗に言う「持続化補助金」は、平成26年に始まりました。
予算規模は翌年平成27年(H26補正予算分)で70%アップし、今年、平成28年は一気に40%まで下がりました。

スクリーンショット 2016-06-28 14.59.25

今回、何件の申請があったかはまだわかりません、つまり分母がわからないので採択率の予想はできません。
予算が減ればもちろん採択者数は減ります。率はともかく、個々の企業にとっては厳しい勝負になりそうです。

いずれにせよ、賽は投げられています。
申請された経営者の方々とともに吉報を待ちたいと思います。

関連記事

  1. 66パーセントディスカウント

    設備の老朽化、IT投資の不足・・補助金を活用しよう

  2. もの補助15​​​​​​次採択発表、当社支援先は3社採択

  3. 検索

    事例を調べよう「ものづくり補助事業関連サイト」

  4. H29年度「省エネ補助金」、5/25公募開始

  5. 2021年補助金概要 (3)サプライチェーン補助金

  6. 自民党選挙公約から予想する、来年の「ものづくり補助金」

最近の記事

  1. 2024.02.26

    確実な未来
  2. 2024.02.16

    沖縄出張

読書記録(ブクログ)