【2019ものづくり】新しい類型「地域経済牽引型」って?

中小企業庁のサイトに公開された資料によれば、
今年(2019年)のものづくり補助金では新たに「地域経済牽引型」という類型が追加されたようです。

これは、「地域経済牽引事業計画」という、
ものづくり補助金とは別制度の認定を受けた企業のみが
申請できる類型になるのではないかと予想しています。

また、この地域経済牽引企業の認定を受けるには
公的機関等の推薦が必要になること、
申請してすぐに認定がもらえる訳ではないことから、
認定を受けていないほとんどの中小企業にとっては、
この類型を意識する必要はありません。

一昨日のブログで紹介した「企業間データ活用型」および今回の「地域経済牽引型」に関しては、
平成31年の本予算(50億円)で実施される見込みです。

一般型および小規模型は平成30年補正2次予算(800億円)で実施されます。

おそらく公募のタイミングが異なると思われます。
異なる類型で申し込むことのないよう注意しましょう。

関連記事

  1. 2017年、ものづくり補助金の公募はあるの?

  2. 見通し、未来予測、双眼鏡、青空

    2018(H29年補正)ものづくり補助金の採択発表日は?

  3. H28年創業補助金は「超」のつく狭き門に

  4. 「採択率」を声高に主張しない理由

  5. デジタルで伝える

    IT導入補助金、二次募集の開始時期

  6. 2019もの補助二次募集(H30補正予算)解説〜(2)事業の目的

最近の記事

  1. 2020.01.16

    社長の姿勢
  2. 頭の中のものを外に出す
  3. 2020.01.13

    利益の再投資

カテゴリー

読書記録(ブクログ)