2019年度本予算成立。もの補助「企業間データ活用型」、省エネ関連補助金などが近日中に始まる

2019年3月27日、2019年度の本予算が参院を通過し、予算成立となりました。

消費増税対策2兆円 19年度予算が成立  :日本経済新聞

ものづくり補助金の「企業間データ活用型」や「地域経済牽引企業型」、
省エネ関連の補助金などはこの本予算に含まれています。

予算成立を受けて、これらの補助金の募集が随時始まっていくでしょう。

また、既に成立済みの補正予算に含まれている「IT補助金」や「持続化補助金」、
これらもそろそろ募集が始まるのではないかと思われます。

当社は5月前半までは「ものづくり補助金」の対応に追われており、
これら新規の補助金対応は難しい状況です。
5月中旬以降に対応させていただきますので、予めご諒承ください。

関連記事

  1. 2018年2次補正予算は2019年1月の通常国会で審議

  2. 早期経営改善計画の策定に補助(2/3、最大20万円)

  3. グループ補助金セミナーを開催しました(広島)

  4. 補助金の季節に向けて(6)〜書類作成が面倒?時給で考えてみては

  5. 2018(H29年度補正) 事業承継補助金の公募が始まっています。

  6. デジタルで伝える

    IT導入補助金、二次募集の開始時期

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2019.05.21

    因果応報

読書記録(ブクログ)