2019年度本予算成立。もの補助「企業間データ活用型」、省エネ関連補助金などが近日中に始まる

2019年3月27日、2019年度の本予算が参院を通過し、予算成立となりました。

消費増税対策2兆円 19年度予算が成立  :日本経済新聞

ものづくり補助金の「企業間データ活用型」や「地域経済牽引企業型」、
省エネ関連の補助金などはこの本予算に含まれています。

予算成立を受けて、これらの補助金の募集が随時始まっていくでしょう。

また、既に成立済みの補正予算に含まれている「IT補助金」や「持続化補助金」、
これらもそろそろ募集が始まるのではないかと思われます。

当社は5月前半までは「ものづくり補助金」の対応に追われており、
これら新規の補助金対応は難しい状況です。
5月中旬以降に対応させていただきますので、予めご諒承ください。

関連記事

  1. 2018ものづくり補助金二次公募 解説その4〜 事業類型(1)企業間デ…

  2. 事業再構築補助金、いよいよ公募開始。締め切りは4/30 18時

  3. よくわかる持続化補助金(2)〜何に使えるの?

  4. ものづくり補助金の神話(3)〜 会社の規模が小さいと採択されない?

  5. もの補助「グローバル展開型」セミナーを開催しました

  6. 企業と支援をつなげるプラットフォーム「クラウドシエン」の登録専門家にな…

最近の記事

カテゴリー

読書記録(ブクログ)