2019年度本予算成立。もの補助「企業間データ活用型」、省エネ関連補助金などが近日中に始まる

2019年3月27日、2019年度の本予算が参院を通過し、予算成立となりました。

消費増税対策2兆円 19年度予算が成立  :日本経済新聞

ものづくり補助金の「企業間データ活用型」や「地域経済牽引企業型」、
省エネ関連の補助金などはこの本予算に含まれています。

予算成立を受けて、これらの補助金の募集が随時始まっていくでしょう。

また、既に成立済みの補正予算に含まれている「IT補助金」や「持続化補助金」、
これらもそろそろ募集が始まるのではないかと思われます。

当社は5月前半までは「ものづくり補助金」の対応に追われており、
これら新規の補助金対応は難しい状況です。
5月中旬以降に対応させていただきますので、予めご諒承ください。

関連記事

  1. 【2019ものづくり】企業間データ活用型は補助額2倍に増額

  2. 事業再構築補助金にも「特別枠」が設定されます。ただし上限設定あり

  3. 九州限定。被災地域向け小規模事業者持続化補助金

  4. H29年の中小企業関連予算概算要求発表(H28年補正含む)

  5. 平成29年度佐賀県ものづくり企業活性化支援事業費補助金

  6. ロボット

    平成29年度ロボット導入実証事業

最近の記事

  1. 2021.02.17

    スペック厨

カテゴリー

読書記録(ブクログ)