2019年度本予算成立。もの補助「企業間データ活用型」、省エネ関連補助金などが近日中に始まる

2019年3月27日、2019年度の本予算が参院を通過し、予算成立となりました。

消費増税対策2兆円 19年度予算が成立  :日本経済新聞

ものづくり補助金の「企業間データ活用型」や「地域経済牽引企業型」、
省エネ関連の補助金などはこの本予算に含まれています。

予算成立を受けて、これらの補助金の募集が随時始まっていくでしょう。

また、既に成立済みの補正予算に含まれている「IT補助金」や「持続化補助金」、
これらもそろそろ募集が始まるのではないかと思われます。

当社は5月前半までは「ものづくり補助金」の対応に追われており、
これら新規の補助金対応は難しい状況です。
5月中旬以降に対応させていただきますので、予めご諒承ください。

関連記事

  1. 「生産性特別補助金」その実態は

  2. 2019もの補助 結果分析(6)〜 事業計画名によく出てくるキーワード…

  3. 【ものづくり補助金】事務局は従来と同様「中央会」に決定

  4. お金を稼ぐ

    総務部が利益を出せる数少ない手段

  5. ものづくり補助金は2017年も継続!予算は2016年と同等か、やや減

  6. 2020年ものづくり補助金高度連携解説(3)(地方公共団体連携型)

最近の記事

  1. 多忙なビジネスマン
  2. 嫉妬、嫉み、羨望、比較

カテゴリー

読書記録(ブクログ)