見えてきた2019年の「ものづくり補助金」。いよいよ本予算に

毎年この時期になると、来年度の予算の大枠が見えてきます。
各省庁が財務省に来年の予算案を提出するからです。概算要求と呼ばれています。

経済産業省の平成31年度概算要求は、下記のウェブページから確認できます。

中小企業関連の施策一覧もダウンロードできます(PDF)

http://www.meti.go.jp/main/yosangaisan/fy2019/pdf/01_6.pdf

来年のものづくり補助金は減額?→違います

ものづくり補助金は予算に入っているでしょうか?見てみます。

100億円が計上されていますね。
あれ、少ない?
そうです、今年(2018年、H29年度補正)では、1,000億円が計上されていました。
10分の1になるということでしょうか?違います。

はじめて本予算に計上されたことに異議がある

概算要求は、本予算です。
本予算に「ものづくり補助金」が入ったということに大きな意味があります。

これまでものづくり補助金は本予算ではなく、補正予算で編成されてきました。現行の形でものづくり補助金が始まってから6年、ずっと、補正予算でした。
補正予算は、その名の通り「補正」のためのものであって、毎年あるかどうかわかりません。

よく「ものづくり補助金は来年あるかどうかわからない」と言われるのは、
補正予算を使っていたからです。

本予算に入るということは、「毎年実施される」ということを意味します。

2018年9月9日付けの日刊工業新聞にこの件に関する記事が掲載されています。
その記事によれば、本予算に組み込まれることで、

  • 4月頃から計画的に実施できるので、中小企業がスケジュールを立てやすくなる
  • 来年以降も継続的にやっていくというメッセージ

という効果があるとのこと。

「来年以降も」!!
「継続的に」!!

これは、6年前からものづくり補助金に係わってきた当社から見れば、
これまでで最も大きな変化といえます。

予算はむしろ増える?

そして、補正予算では従来と同じ規模の予算、ということは1,000億円程度を「ものづくり補助金」に割り当てるとも書いています。
本予算で100億円、補正予算で1,000億円なら、合計で1,100億円。
今年よりも総予算は増えることになります。

毎年続く「ものづくり補助金」

つまり、来年からものづくり補助金は毎年確実に実施され、
かつ本予算+補正予算での計上となり、採択者は増える。

来年も忙しくなりそうです。

関連記事

  1. 採択発表はいつなんだ

  2. H29年予算、創業補助金の「事務局」募集開始。しかし・・・・

  3. 2020年(R1補正)もの補助チラシより〜(5)今後のスケジュール

  4. 自民党選挙公約から予想する、来年の「ものづくり補助金」

  5. 2020ものづくり補助金解説 (1)補助率

  6. H27補正(2016年実施)持続化補助金の採択発表

最近の記事

  1. 2022.12.07

    世情に疎い
  2. 2022.12.05

    旦那のように
  3. 2022.12.02

    散歩
  4. 2022.11.30

    思えば遠くに
  5. 2022.11.29

    暗黙の信頼

カテゴリー

読書記録(ブクログ)