2018ものづくり補助金二次公募解説その(2)〜 事業の目的

先週金曜日に公募が始まった「ものづくり補助金」
について、これからお盆明けくらいまでの数回にわけて
解説していきます。

簡単なスケジュールと、
従来の公募との相違点については、
昨日の記事(その1)をご覧下さい。

「事業の目的」を押さえる

まずは事業の目的を押さえましょう。
国もボランティア精神や「中小企業が可哀想」といった気持ちで
補助金制度を作っているわけではありません。

国民から集めた税金を一部の(採択された)企業に渡すわけですから、
そこには明確な理由が必要です。

補助金はいわばアメとムチにおける「アメ」であり、
国はこの制度の活用を通して、中小企業に「何か」を
して欲しいと思っているわけです。

そして「何」をして欲しいのかが
公募要領内の一節「事業の目的」に書かれています。

足腰の強い経済を構築するため、
日本経済の屋台骨である
中小企業・小規模事業者等*が取り組む
生産性向上に資する革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を
行うための設備投資等の一部を支援します。(*…特定非営利活動法人を含む。)

文章の後半を図解にしてみると、こうなります。

パターンとしては三つ、

  1. 生産性向上のための「革新的サービス開発」
  2. 生産性向上のための「試作品開発」
  3. 生産性向上のための「生産プロセスの改善」

となります。

クライアントの社長から、

「ものづくり補助金は、革新的な新商品・サービスを開発しないとダメなんでしょう?
 うちには今、新商品のアイデアなんてないからなあ」

と言われることがあります。

しかし、「事業の目的」をきちんと読み込むと、
必ずしも新商品・新サービスが必要なのではなく、
生産性向上のための生産プロセスの改善でも
じゅうぶんに対象になることがわかります。

もちろん、単に老朽化した設備をリニューアルします、や、
稼働率の高い設備の二台目を購入します、といった
単純な内容では採択は難しいですが、
「生産プロセスの改善」というテーマであれば、
どんな企業でも対象になる取り組みを行うことは
可能ではないでしょうか。

(つづく)

関連記事

  1. 見えてきた2019年の「ものづくり補助金」。いよいよ本予算に

  2. 早期経営改善計画の策定に補助(2/3、最大20万円)

  3. よくわかる持続化補助金(9)〜提出には商工会・商工会議所の協力が必要

  4. ものづくり補助金の神話(3)〜 会社の規模が小さいと採択されない?

  5. 固定資産税3年間ゼロ、補助金で加点。動き出す「先端設備等導入計画」

  6. 補助金の季節に向けて(2)〜補助率の考え方

最近の記事

  1. 2019.11.12

    冬に向けて
  2. 2019.11.11

    攻撃への対応
  3. お金を稼ぐ
  4. 好成績
  5. 旅行、出張

カテゴリー

読書記録(ブクログ)