目の前の利益に

中小企業、オーナー企業の良いところは、短期的な利益を意図的に無視できることだ。
四半期ごとの成績を誰かに報告する必要もないし、数年赤字が継続したところで問題はない。
(もちろん、銀行融資が必須だとか、手元現金が少ないとかとなると話は別だが)

短期的には合理的な行為が、長期的には不合理であることはままある。
中小企業であれば、その逆を選択することができる。
大企業は株主等のステークホルダーの存在が、それを許さない。

目の前の利益が大事ではない、と言っているのではない。
利益は大事だが、必要に応じて意図的に無視できるという意味だ。
敢えて利益を追わず、長期的な設備投資や事業開発、人材育成に資金を投じることができる。
中小企業の数少ないメリットだ。うまく活かしていきたい。

関連記事

  1. 「計画は変わる」という前提で計画する

  2. 法人番号と会社法人等番号は違う

  3. 業務フロー

    原因を絶つか、プロセスを変えるか

  4. あらゆる分野で有能な「無能なリーダー」

  5. 2016帝国データバンク会社年鑑に広告を出稿しました。

  6. 沖縄出張

最近の記事

  1. 2024.07.16

    今はもうない
  2. 2024.07.05

    二拠点生活

読書記録(ブクログ)