セミナーのない世界

新型コロナウィルス対策の自粛により、経営コンサルタント業界も打撃を受けています。
一番はセミナーの中止・延期でしょう。
特に公的機関で開催されるセミナーの登壇で稼いでいた方々は厳しいです。ほぼ中止ですから。
自社開催のセミナーであればZoomやSkypeといったウェブ会議で代替できるのですが、主催者が別団体であれば、その意向次第となります。

そもそも経営コンサルタントの仕事など、資金繰り対応や事業再生など一部の案件を除けば「不要不急」であるわけでして、
危機に際しては優先順位が低くなる商売だな、と、改めて思います。

当社もいくつかのセミナーが中止となりましたが、講師報酬が当社の売上に占める割合はわずかで(無償でやることも多い)、影響は軽微です。
もっとも、セミナーは当社の貴重な集客手段であるため、中長期的には新規顧客の減少というかたちで影響が出てくると思われます。

急にぽっかりと浮いた時間は、補助金支援など別の業務に活用したり、資金調達支援や資金繰り相談など、「危機だからこそ」の仕事に割り振っており、暇というわけではないのですが。

セミナーのない世界

わずか数か月で、「セミナーのない世界」が現出してしまいました。
こんなこと誰も予想できなかったでしょう。
いずれ収束しもとに戻るのでしょうか?それとも、従来とは違うかたち(例えば、ウェブセミナーが中心になる)で落ち着くのでしょうか?

どうなろうとも、外部環境を変えることはできません。
コントロールできるのは内部環境だけ。外部の変化に合わせるしかないわけです。

関連記事

  1. 得意なことをやった方が儲かる

  2. 平成29年度税制改正に関する中小企業向けパンフレット

  3. 情報は川の流れに似ている

  4. ピザ

    持ちたくないものを持つ必要はない。

  5. 統計の読み方(2)_処理編

  6. 効率化の果てに

最近の記事

  1. 2020.05.22

    iPod Touch

カテゴリー

読書記録(ブクログ)