経営視点で考えるIoT,AI実習型ワークショップ

福岡県IoT推進ラボが主催する「経営視点で考えるIoT、AI実習型ワークショップ」
第一回の講師を担当させていただきました。

テーマは「スモールスタートのデータ経営 〜IoT事例とITツール体験で学ぶ〜」。
IoT事例やITツールの紹介を行った後、RPAソフトを使った自動化の手順を説明、
実際にソフトを操作してもらいRPAの仕組みとその限界を学んでもらいました。

最後にはこれらの新しい技術を使って自社の業務をどう改善するか?について、
小グループに別れディスカッションをし終了です。

ここ最近は補助金セミナーを依頼されることが多かったのですが、
こういったIT系のテーマも大好きですし、私自身も受講者の質問などから
学ばせていただくことも多いです。

補助金を使ってこういった取り組みを加速される、というのも一つの手でしょう。

私は第一回の講義を担当させていただきました。
第2回は工場でのIoT導入事例、第3回はビッグデータの分析・活用、第4回はAIと、盛りだくさんの内容になっております。
ご興味のある方はぜひ受講されてください。

関連記事

  1. 子どもに伝えるには?(大隈重信記念館GWワークショップ「明治のマンガ読…

  2. (おそらく)世界最速のものづくり補助金セミナーin小倉

  3. ものづくり補助金セミナーwith西日本シティ銀行

  4. セミナー「クラウド時代のビジネス作法」無事終了しました

  5. 講演、セミナー

    遠賀町商工会にて事業計画策定セミナー開催

  6. 西日本シティ銀行 創業応援サロンでセミナー

最近の記事

  1. 2019.12.05

    カモは誰だ?
  2. 撮影、カメラ、草原

カテゴリー

読書記録(ブクログ)