釣りは魚のいるところで

お客様を魚に喩えるのは
ちょっと失礼な気もするけれど、
釣り(ビジネス)は魚の居るところで
やらなければ、釣果(成果)はでない。

いくら最新の装備を揃えても、
いくら大人数で押しかけても、
どんなに能力が高くても、

そこに魚が居なければ、
釣果は出せないのだ。

当たり前のことを忘れてしまう

当たり前のことなのに、
ビジネスをしていると
いろんな制約やしがらみのせいで
このことを忘れてしまう。

店舗の前から人通りが消えたのなら、
引っ越すなりネット販売を始めるなり
しなければならないのに、しない。

ずっとこの方法でやってきたと、
やり方に固執しお客のニーズと離れてしまう。

資格取得まで長く勉強したのだからと、
ニーズのない分野でサービスを展開しようとする。

釣れないのであれば、釣り場を変えなければ
どうしようもないのに。

ドメインを考える

あなたの商売は、「誰に」「何を」「どのように」
売っているのかを考えてみよう。

客層が変わったのなら
「誰に」を見直す必要がある。

商品・サービスの魅力がなくなったのなら
「何を」売るのかを変える必要がある。

販売方法やサービスが時代遅れになり、
売れなくなったのなら「どのように」を見直す必要がある。

釣りは魚の居るところでやらなければならない。
道具やらテクニックやらは、その後の話だ。

あなたのビジネスは、どうだろう?

関連記事

  1. 近い未来の自分

  2. 「戦略策定ができます」の無意味

  3. 多忙なビジネスマン

    「ながら」と「あわせ」

  4. 2021年9月 休暇のお知らせ

  5. 検索

    自分に合った中小企業診断士を見つけよう

  6. 情報にお金をかける(第13次業種別審査事典の購入)

最近の記事

  1. 2022.09.15

    継続すること
  2. 2022.09.13

    必要な孤独

カテゴリー

読書記録(ブクログ)