いつだったらできますか?

最近仕事が忙しい。

以前は、どんな仕事が来たとしても「自分が求められているのであれば」と、依頼を受けていた。
#もちろん、自分ができそうにないことは断るか、それができそうな他者に仕事を振っていたが。

断って二度と仕事が来なくなるのが怖かったし、
士業としての矜持もあったと思う。

とはいえ、依頼の量が増えすぎてそうも言えない状況になってきた。
いまは社員を雇い、チームで仕事をしている。自分が無理すればどうなる、といった段階ではない。
今まで通りに受注を受けていれば、社員は疲弊してしまうだろう。

いまは仕事を断っている。
「なら他のコンサルに頼む」と思われるのではないかと怖いが、背に腹は代えられない。

先日も、11月の仕事の依頼があったがお断りした。
事前の資料作成が必要な仕事だったので、その準備時間が取れそうにないという理由で。
すると相手が「12月以降なら時間が取れるんですよね、なら12月にしましょう」と、時期の変更を提案された。

・・・・・なんとありがたい話だ。
調整だって面倒だろう、他のコンサルを探した方が早いだろう。

士業として自分が社会から求められているのは本当に嬉しく思うし、
なんとかその期待に答えられればと思う。
日程をずらしてもらいさえすれば、だが。

関連記事

  1. 釘を抜く

    「問題」と「解決策」に飛びつかない。検証の手順

  2. 「またやりましょう」と言っていただけるうれしさ

  3. 「経営者目線で」と言われても

  4. 自分を基準に考えない

  5. 1+1=2ではない?「社会的手抜き」の発生【解決編】

  6. プロは冒険をしない

最近の記事

  1. 2021.10.15

    非合理の論理
  2. 幽霊、おばけ、モノクロ

カテゴリー

読書記録(ブクログ)