利害関係

友人曰わく「すべての人間関係は利害関係である」。
私個人はそこまでソリッドな意見は持っていないのだけれど、
利害関係の定義を広げて考えればそうかもしれないとも思う。

利害というのは金銭だけを意味しない。
愛情もまたひとつの利害ではある。
たとえ暴力を振るわれていたとしても、
相手から逃げないのはそこに何らかの「利」があるからだろうか。
それとも関係を怖し新たに作り直すことの「害」を面倒くさがるからだろうか。

誰かと良い関係を築きたければ、
自分と付き合うことがどれだけ価値があるか、をアピールすることになるのだろう。

ことビジネスにおいては「全ての関係は利害関係」だと言い切って良い。
長く続く仕事関係には必ずお金が介在している。
それを仲間や家族、絆という言葉で飾るのは綺麗だとは思うが、
本質が見えなくなるのであまり好きではない。

関連記事

  1. 釘を抜く

    ツールを使うことを目的にしてはいけない

  2. 費用対効果を冷静に見つめる

  3. 情報にお金をかける(第13次業種別審査事典の購入)

  4. 物事はマネージし、人々はリードする

  5. 事業計画通りには進まない

  6. ビジネス、歯車、モデル

    IoT・クラウドと中小企業(当社の事例から)

最近の記事

カテゴリー

読書記録(ブクログ)