統計の読み方(3)_出力編

前回、前々回の続き。

統計の読み方(1)_入力編

統計の読み方(2)_処理編

図1

今回は最後のプロセス「出力」を見ていく。

出力(途中からのデータ表示、「率」と「数」の表現、表示時期の選択)

最後に、分析(統計処理)の終わったデータを出力する段階だ。
みんなに理解してもらえるよう、グラフや表などに加工した上で、ネットや紙媒体で公開することになるが、この段階でも「嘘」が入り込む。

ひとつは、「途中からのデータ表示」だ。
下図はその一例だが、グラフの目盛りをゼロからはじめるか、途中からはじめるかでグラフのイメージは大きく異なる。
左のグラフだと「売上は微増」と見える。右だと「売上は大きく増加」と解釈されそうではないだろうか。

図2

次は「率」と「数」の表現についてだ。
例えば売上が昨年の100億円から110億円に上昇したとしよう。
率で言えば10%アップ、数(金額)で言えば、10億円の上昇だ。

同じように、売上が昨年の10万円から11万円に増えたとしよう。
率は10%アップ、数(金額)で言えば、1万円のアップだ。

あなたがこのグラフの作成者なら、率と数どちらで表現するだろう?

他にも、表示時期、表示期間を変えることで解釈を歪めることもできる。
2008年に、いわゆるリーマンショックが起きた。
特に経済関係の統計データであれば、2008年以前を含めるかそうでないかで、グラフのイメージは大きく変わる。

関連記事

  1. 部品、ネジ、ものづくり

    分解したくなる人、そうでない人

  2. 来月は楽になるはずと言い続けて、はや幾星霜

  3. 100年前に仕事をしていたら

  4. 数字は比較してこそ意味がある

  5. 知らない間に営業を学んでいた

  6. 中小企業庁「事業承継マニュアル」の公開

最近の記事

カテゴリー

読書記録(ブクログ)