統計の読み方(1)_入力編

世の中には3種類の嘘がある:嘘、大嘘、そして統計だ

イギリスの政治家、ベンジャミン・ディズレーリの言葉だと言われている(異説もある)。
ビッグデータの時代が到来しても、統計の嘘に騙されないための基本は何ら変わっていない。

統計データを作るためには、大きくわけて「入力」「処理」「出力」の3つの段階がある。
そして、それぞれの段階で嘘が入り込む余地がある。今回は「入力」段階について考える。

図1

入力(誘導質問、調査結果の偏り)

データを集める段階。
アンケート調査が代表的で、我が国で最も大きなものは国勢調査だろう(昨年実施された)。

この段階でまぎれこむ嘘は「誘導質問」がもっとも多いように思う。
たとえば、あるテーマに対して、ポジティブな説明を行った後でそのテーマの是非について質問する。

回答者は、直前に与えられたポジティブな説明に引きずられて、肯定的な回答をしがちになる。
逆にネガティブな情報を与えれば、回答者は当該テーマに対して否定的な回答をすることが多くなる。

そのテーマに対して明確に賛成・反対の意見を持っている回答者は設問の影響を受けない。
しかし、賛成でも反対でもない、このテーマに対して明確な意見のない層は、このような設問に影響を受けやすい。
結果として、アンケート結果は出題者の意図した方向に歪んでしまう。

また、調査対象がそもそも偏っているケースもある。日中平日の電話調査であれば、いくら無作為に電話をかけたとしても、その時間に自宅に居る人達(主婦、老人がほとんどだろう)からしか調査ができない。
逆に、ネットを使ったアンケートでは、若者に偏る傾向がある。

関連記事

  1. アイデアがまとまる

    部下に考えさせるなら、上司は答えを用意していなければならない

  2. 幽霊、おばけ、モノクロ

    法則がないのか、見えていないだけなのか

  3. レール、分かれ道

    計画は必要だが、計画に縛られてはいけない

  4. 遠くを見る

    「未来」を考える時間

  5. それは本当に「話すべきこと」か?

  6. シンプルなままにしよう

    何を「やっていない」ですか?

最近の記事

  1. 2022.11.30

    思えば遠くに
  2. 2022.11.29

    暗黙の信頼
  3. 2022.11.22

    今期が終わる

カテゴリー

読書記録(ブクログ)