利益と、それにかける時間のバランスは適切か

お金を積み上げる

グーグルのCEOであるエリック・シュミットは、
かつてノベルという会社のCEOに就任した際に
ビル・ゲイツを訪ね、以下のアドバイスをもらったそうだ。

収益の八割を稼ぐ事業に八割の時間をかけよ

当たり前だけどできていないこと

儲かる事業に時間をかける。

言われてみれば当たり前なのだけれど、
アドバイスとして役に立つということは
みんなができていないということなのだろう。

自分の事業を振り返ってみても、
売上としては些細な額の仕事に
大量の時間をかけてしまうことがよくある。

利益の金額よりも、顧客との人間関係や
その時の状況に流されて、合理的で無い時間の
使い方をしてしまっているようだ。

たくさんの報酬をいただける仕事に、より時間をかける。
残りの二割は、残りの分の収益を稼ぐのと、
先々の種まき、つまり新規事業の研究開発や営業、マーケティングに使う。

目の前に仕事に追われると、
そのバランスを見失ってしまう。

気づいたら収益の低い事業ばかりを
必死にやっていたなんて、救われないじゃないか。

関連記事

  1. そこに至るプロセスはひとりずつ違う。なので管理しない。

  2. 戦略は時間軸を意識して

  3. 情報発信の際に気をつけたい3つのこと(コンテンツ、コンテキスト、メディ…

  4. 「伴走」と「代走」

  5. 1+1=2ではない?「社会的手抜き」の発生【解決編】

  6. ものづくり中小企業『九州版・事業化プロデューサー集』に掲載されました。…

最近の記事

  1. ディスコミュニケーション
  2. 2020.07.05

    V-RESAS

カテゴリー

読書記録(ブクログ)