プロは冒険をしない

鉄道模型で世界的なモデラである平岡幸三氏は、
「アマチュアは、プロでも失敗するかもしれない難しい手法で作ろうとするが、
プロは、誰がやっても絶対に失敗しない確実な方法で作る」
とおっしゃっていた。
「悲観する力」森博嗣著

プロフェッショナルとは、決して職人ではない。
自分の技術の向上や承認が目的ではないので、冒険はしない。
あくまでクライアントの要望に合わせて、最適なものを確実に提供することに最善を尽くす。
たとえそれが面白くない方法でも、自分の信条や価値観に合致しないとしても。
それがプロフェッショナルだと思っている。

もしあなたがプロとして仕事をしていて、「職人肌だね」とか「学者のようだ」と言われているとしたら、それは褒められているのではない。
独りよがりの仕事をしていることを暗に指摘されているのだ。

関連記事

  1. 東京行(マーケティングとセリング)

  2. 多数の筆

    経営はアート、クラフト、サイエンス

  3. 計画するのは何のため?

  4. 全ての事件にコメントをする必要はない

  5. 仮説を必要としなくなるまで

  6. 微調整へのこだわり

最近の記事

カテゴリー

読書記録(ブクログ)