勝つための算段をしているか?

何でもそうだが、準備の段階で勝敗はほぼ決している。
プレゼン、コンペ、交渉、戦争・・・「本番」というのは、準備してきたものを淡々と出すだけの場だ。

合戦そのものはそれまで積んだ事の帰結よ。
合戦に至るまで何をするかが俺は戦だと思っとる。
秀吉以外 本質は誰も理解せんかったがな

ー 「ドリフターズ」織田信長のセリフ

勝つための準備を行うのが経営者、指揮官の務めだ。
勝つために、情報を集めて策を練り、人や設備に投資を行い、資金を投下する。

「司令官のヤン・ウェンリーだ。皆そのまま聞いてほしい。
まもなく戦いが始まる。
ろくでもない戦いだが、それだけに勝たなくては意味がない。

勝つための算段はしてあるから無理をせず気楽にやってくれ。」

ー「銀河英雄伝説」ヤン・ウェンリーのセリフ

「がんばれ」でもなく、「もっと頭を使え」でもなく、
「勝つための算段はしてあるから無理をせず気楽にやってくれ」
そう言える経営者になりたいなと思います。

関連記事

  1. 「すぐやる人」になるには

  2. セミナー「転ばぬ先のBCP」を開催しました。

  3. ゴールデンウィーク期間の休業日のお知らせ

  4. 楽しく仕事ができるなら

  5. スマホに類語辞典を

  6. 事務所移転のお知らせ

最近の記事 おすすめ記事
  1. 上昇するイメージ

読書記録(ブクログ)