勝つための算段をしているか?

何でもそうだが、準備の段階で勝敗はほぼ決している。
プレゼン、コンペ、交渉、戦争・・・「本番」というのは、準備してきたものを淡々と出すだけの場だ。

合戦そのものはそれまで積んだ事の帰結よ。
合戦に至るまで何をするかが俺は戦だと思っとる。
秀吉以外 本質は誰も理解せんかったがな

ー 「ドリフターズ」織田信長のセリフ

勝つための準備を行うのが経営者、指揮官の務めだ。
勝つために、情報を集めて策を練り、人や設備に投資を行い、資金を投下する。

「司令官のヤン・ウェンリーだ。皆そのまま聞いてほしい。
まもなく戦いが始まる。
ろくでもない戦いだが、それだけに勝たなくては意味がない。

勝つための算段はしてあるから無理をせず気楽にやってくれ。」

ー「銀河英雄伝説」ヤン・ウェンリーのセリフ

「がんばれ」でもなく、「もっと頭を使え」でもなく、
「勝つための算段はしてあるから無理をせず気楽にやってくれ」
そう言える経営者になりたいなと思います。

関連記事

  1. 感情を排除し、考え、しかる後に感情を付加する

  2. 4月からのスタッフ増員

  3. 仕事に没入する方法〜フロー理論のススメ〜

  4. ウェブミーティング、対応できます

  5. ゼロの集合

    ゼロを目指す非効率

  6. 未来への扉、どこでもドア

    H29年度 創業・事業承継補助金の公募開始

最近の記事

  1. 2022.12.07

    世情に疎い
  2. 2022.12.05

    旦那のように
  3. 2022.12.02

    散歩
  4. 2022.11.30

    思えば遠くに
  5. 2022.11.29

    暗黙の信頼

カテゴリー

読書記録(ブクログ)