勝つための算段をしているか?

何でもそうだが、準備の段階で勝敗はほぼ決している。
プレゼン、コンペ、交渉、戦争・・・「本番」というのは、準備してきたものを淡々と出すだけの場だ。

合戦そのものはそれまで積んだ事の帰結よ。
合戦に至るまで何をするかが俺は戦だと思っとる。
秀吉以外 本質は誰も理解せんかったがな

ー 「ドリフターズ」織田信長のセリフ

勝つための準備を行うのが経営者、指揮官の務めだ。
勝つために、情報を集めて策を練り、人や設備に投資を行い、資金を投下する。

「司令官のヤン・ウェンリーだ。皆そのまま聞いてほしい。
まもなく戦いが始まる。
ろくでもない戦いだが、それだけに勝たなくては意味がない。

勝つための算段はしてあるから無理をせず気楽にやってくれ。」

ー「銀河英雄伝説」ヤン・ウェンリーのセリフ

「がんばれ」でもなく、「もっと頭を使え」でもなく、
「勝つための算段はしてあるから無理をせず気楽にやってくれ」
そう言える経営者になりたいなと思います。

関連記事

  1. 競合はあなたに「何をさせてくれるか」という視点

  2. 引き出しの多さ、深さ、取り出しやすさ

  3. 「とりあえずブレスト」はNG?賢い集団をつくる4つの要件

  4. 業種別業界情報(経営情報出版社)を購入。

  5. カレンダー、ピン、予定、重複

    計画と、長すぎない時間

  6. 曲がりくねった道

    正しく間違えるよりも、漠然と正しいことを選ぶ

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2019.05.22

    Google Pixel 3a XL
  2. 2019.05.21

    因果応報

読書記録(ブクログ)