計画と、長すぎない時間

カレンダー、ピン、予定、重複

期限のない目標は、いつまでも達成できない。

大いなることを達成するには、ふたつのものが必要だ。計画と、長すぎない時間が。
レナード・バーンスタイン

計画がなければ、どこにいけばいいかわからない

この激動の時代、計画を立ててもその通りにいくはずがない。
3年先のことなど誰がわかるというのか?

その通りだ。しかし、それでも、計画を作らなければならない。
アメリカの大統領ドワイト・アイゼンハワーがこんなことを言っている。

Plans are worthless, but planning is everything.
計画そのものに価値はない。しかし、計画する過程、ここに価値の全てがある(筆者意訳)。
– Dwight D. Eisenhower

計画を作る際の試行錯誤が、将来への準備となる。
計画が無いまま事業をやるというのは、GPS搭載のスマホを持たずに山へ分け入るようなものだ。

ただし、計画なしに事を進めても、偶然上手くいくことはある。彼は言うだろう、「計画なんて役に立たない」と。
でも、彼は同じ成功を繰り返すことができない。なぜ上手くいったのかがわからないからだ。

時間がありすぎると、後回しになってしまう

期限を決めない計画は、日常の生活に押し出されて後回しになってしまう。
「いつでもいいよ」と依頼された仕事は、いつまで立っても終わらないだろう。

計画には必ず締め切りを入れる。そして定期的にレビューする

大いなることが何かは人それぞれだ。事業の成功かも知れない、趣味でのある種の到達かもしれない。家庭の平穏を維持するのだって「大いなること」には違いない。

それを達成するには計画が必要だ。
そして、「長すぎない時間」つまり、締め切りを必ず設定することだ。

計画には必ず締め切りを入れる。
そして、それを守れているかどうかレビュー(見直し)をする。

レビューのタイミングは、少なくとも月次、できれば週次がいいだろう。
締め切りは守れなくてもよい、その際は延期すればいいだけだ。

ずっと延期が続くとしたら?
もしかしたら、それはあなたの人生にとって「大いなること」ではないのではないだろうか。

関連記事

  1. 大吉の確率

  2. 叩き台があれば

  3. 足かせ

    自責と他責。どちらかではなく、冷静な分析を

  4. ゼロの集合

    ゼロを目指す非効率

  5. 一人だけ抜け出すイメージ

    自社の価値を見極める、たったひとつの質問

  6. 「自由」で「安定」した職場(ギグエコノミーの台頭は誇張?)

最近の記事

  1. 旅行、出張

    2019.11.22

    四国出張
  2. 講演、セミナー
  3. 2019.11.13

    緑の効果

カテゴリー

読書記録(ブクログ)