情報が完全に揃うことはない

ディスコミュニケーション

情報が完全に揃うことはない。

「情報が不足していて判断できない」という人に「では、どの情報が集まれば判断できるのか」と問えば、まともな回答は帰ってこない。

いったいどの情報が不足しているのか、それを集めることは可能なのか。
可能だとして、それにどれだけの時間や労力、経費といったコストがかかるのか、そしてそのコストをかけてでもその情報を集めるべきなのか。

その問いに答えられないのであれば、「判断できない」という人は情報不足を言い訳に判断を放棄、もしくは先延ばししているに過ぎない。

情報が全て揃ってはいない状態でいかに正しい判断をするか?
知識や論理思考がそれを補完するのだけれど、最終的には経営者が持つ「美学」なり「価値観」なりが重要になると思っている。

関連記事

  1. 平成30年度 北九州市産業用ロボット導入支援補助金

  2. パズルを組み合わせる

    東京出張、つなげてかたちに

  3. ビジネス、歯車、モデル

    古いテクノロジーに戻るのは難しい

  4. 会社の名前で出ています

  5. 費用対効果を冷静に見つめる

  6. 上昇するイメージ

    売上がすべての問題を解決する。ただし上昇している間は

最近の記事

  1. 2021.10.15

    非合理の論理
  2. 幽霊、おばけ、モノクロ

カテゴリー

読書記録(ブクログ)