セミナー資料に使う写真を購入する

撮影、カメラ、草原

セミナー資料やこのブログに使う写真は、
きちんと権利処理されたものを有償で購入している。

月額5千円程度のコスト。
日本語での検索もできるし、
類似画像や手書きのイラストからも検索できる。

有償のものを使っている理由は二つある。

一つは、
お金をいただいてセミナーをする以上、
その資料には品質の高い画像を使いたいということ。
ネットでとってきた画像をムリに拡大した
ギザギザの写真など使いたくはない。

無料のイラストや写真でも、
探せばいいものもあるのだろうけれど、
探す時間がもったいない。

信頼できるサイトをひとつだけ決めて
そこで検索した方が早い。

また、権利関係の確認にかかる時間も勿体ない。
著作権違反の写真を使った資料を作るわけにはいかないし。
有料のサイトであれば著作権の処理等も明確だ。

二つ目の理由は、
他のひとと同じ画像はなるべく使いたくないから。
ネットにあふれるよくあるイラストや写真を使うと、
受講者が「あれ、この画像どこかで見たことあるな・・・」となる。

名前は敢えて伏せるが、
ド定番のあのイラストなどは、
使い勝手はいいのだろうが利用者が多すぎて、
資料に使うと自社の個性も何もなくなってしまうように思う。

中小企業診断士は仕入れが無い。
人を雇わずに自宅兼事務所で活動すれば、
利益率が100%近くになるビジネスだ。

ならば、資料のできを良くして、
説得力を高めるために多少のコストをかけるくらい、
いいじゃないか。

関連記事

  1. 極力シンプルに表現する

  2. 今年のテーマを作らない

  3. 万能、マルチタスク

    中小企業の社長はC*O

  4. お金を稼ぐ

    コンサルタントは「同伴者」ではない。

  5. ヤフージャパン提供「地域別販促カレンダー」の活用

  6. デジタルで伝える

    回答しやすい「問い」を投げる

最近の記事

  1. 2022.08.17

    二つの時計
  2. 数字、数学、パズル

    2022.08.09

    数を数える
  3. 2022.08.04

    笑いの共有
  4. 2022.08.01

    何をやっても

カテゴリー

読書記録(ブクログ)