自分マーケティング

お金を稼ぐ

「自分マーケティング」と言っても、
一時期流行ったセルフブランディングとか、
SNSでリア充に魅せる方法といった類いではない。

自分マーケティングとは、顧客があなたと同じように考え、
あなたと同じように行動すると思い込んでしまうことだ。

#たぶん、マイケル・E・ガーバーの本に書いてあったと思う。

当たり前だけれど、顧客はあなたではない。
あなたが「これは売れる」と思うからといって、顧客がそう思ってくれるとは限らない。
あなたが望むように顧客が考えてくれるとは限らない。

自分に売るのではなく、顧客に売るのだ。買うのは自分ではない、顧客が財布を開くのだ。
自分の考えは平均的なものだろうか?自分の会社を、製品・サービスを、スタッフを愛するあまり、
偏った思考になっていないか?客観的な視点を持てているか?利害関係のないものに確認したか?

「私は売れると思う」という根拠のない感想に何の意味があるだろう?
必要なのは、実際に金を出してくれる人の意見だ。

ちなみに私はこの「自分マーケティング」の罠に陥りにくいと自分ではそう思っている。
今までの人生で、自分の考えが少しズレていることを痛感する経験が何度もあり、
顧客は自分と同じようには考えない、ということを理解しているからだ。

関連記事

  1. カレンダー、ピン、予定、重複

    計画と、長すぎない時間

  2. インテルの「チックタック」モデルを経営に援用すると

  3. 多数の筆

    経営は、経済と社会と心理の複合

  4. それは事実ですか?それとも意見ですか?

  5. 日本政策金融公庫コンテンツ「経営に関するQ&A」

  6. ヤフージャパン提供「地域別販促カレンダー」の活用

最近の記事

  1. ディスコミュニケーション
  2. 2020.07.05

    V-RESAS

カテゴリー

読書記録(ブクログ)