もっと時間があれば、もっと短くできる

私は以前、中小企業診断士資格の実習講師をしていた。
1次試験、2次試験と面接をくぐりぬけた受講生は、この実習で中小企業3社を訪問し報告書を作成する。終われば晴れて中小企業診断士だ。

実習中、受講生には必ずこう伝えていた。
「ページ数は気にしなくていいから、伝えたいことがきちんと伝わる資料を作って」

ページ数と資料のクオリティはまったく関係がない

ページ数が多い、分厚い報告書を作れば、仕事をした気になるだろう。訪問先の社長も「こんなにたくさんの資料を」と、喜ぶかもしれない。

でも、ページ数が多い、イコール良い資料ではない。

課題をしっかり捉え、課題に対する正しい(可能性の高い)解決策を提示し、具体的にどうアクションを起こせばいいのかを指し示すのが、よい資料だと思う。
そこにページの長さは関係ない。むしろ、ページが少なくて同じ内容を伝えることができるなら、その方が読み手の負担が減る分、よい資料だと言える。

ページ数を指定されれば、合理的な人間はどう行動するか

他の実習講師で「受講生一人あたり40ページの作成」を強要する方もいた。
これは実習なので、そうやって実習生に負荷を与えることで成長を促す手法も、一概に否定はできないとは思う。

しかし、ページ数を指定された受講生はどう対応するか?
簡単だ、ページを水増しするのだ。

一文を長くする、改行を増やす、不要なグラフや表を貼り付ける、ウェブサイトのスクリーンショットをコピペする・・・・
結果どうなるか?水ぶくれして論点のぼやけた、分厚いだけの報告書が出来上がる。

受講生を不真面目だと批判することはできない。
限られた時間のなかで行う作業において、内容に関係なくページ数を指定されれば、誰だってそうする。もちろん私もそうする。

もっと時間があれば、もっと短くできる

パスカルは友人宛に書いた手紙にこう記した(引用元が定かで無く、ベンジャミン・フランクリンやアナトール・フランスという説もある)。

If I Had More Time, I Would Have Written a Shorter Letter.
わたしにもっと時間があれば、短い手紙を書けたのでしょうが。

推敲する時間を作らないから、だらだらと長い資料ができあがる。

自問しよう。「その長さに必然性はあるのだろうか?」

伝えたいことがきちんと伝わるだけの情報があればそれでいい。
短くすることを躊躇してはいけない。

関連記事

  1. どれを選ぶのか

  2. 戦略

    戦いは略せない

  3. 長時間労働はほどほどに

  4. でかくて速いほうがいいだろう

  5. シンプルなままにしよう

    ちょっとした味付け(名刺のホログラム処理)

  6. その即興はジャズに似て(経営相談)

最近の記事 おすすめ記事
  1. 講演、セミナー
  2. 休暇
  3. 2019.07.15

    まずは寝よう

読書記録(ブクログ)