【2019ものづくり】企業間データ活用型は補助額2倍に増額

昨年の「ものづくり補助金」から
新たな類型として追加された「企業間データ活用型」。

複数企業での申請が必要なこと、
補助金の上限が通常の制度と比較して
プラス200万円と比較的少額であったことから、
あまりこの類型での応募者はいなかったようです。

先日紹介した中小企業庁のサイトによれば、
この企業間データ活用型は2019年も継続、
補助金額の上限は昨年の1,200万円から
2,200万円(2,000万円+200万円)と大幅に増額されるようです。

従来と同様、複数企業での共同申請が必要ですので、
誰でも・・という訳にはいきませんが、
企業間データ活用の案件があれば
うまく当てはめることができるかもしれません。

データ活用って、何をすればいいの?うちの会社で何ができるの?
という疑問があれば、当社にお問い合わせください。
事業アイデアの検討時点からサポートさせていただきます。

関連記事

  1. 恐怖を振り払うには行動するしかない(福津・宗像起業塾の講師を努めました…

  2. 福岡県中小企業経営革新サービス開発等支援補助金

  3. 見通し、未来予測、双眼鏡、青空

    2018(H29年補正)ものづくり補助金の採択発表日は?

  4. ルールを知る

    補助金と同じ額を稼ごうとしたら?

  5. 数字は比較してこそ意味がある

  6. 好成績

    ものづくり補助金の支援実績

最近の記事 おすすめ記事
  1. 手帳とコーヒー
  2. 一人だけ抜け出すイメージ

読書記録(ブクログ)