【2019ものづくり】企業間データ活用型は補助額2倍に増額

昨年の「ものづくり補助金」から
新たな類型として追加された「企業間データ活用型」。

複数企業での申請が必要なこと、
補助金の上限が通常の制度と比較して
プラス200万円と比較的少額であったことから、
あまりこの類型での応募者はいなかったようです。

先日紹介した中小企業庁のサイトによれば、
この企業間データ活用型は2019年も継続、
補助金額の上限は昨年の1,200万円から
2,200万円(2,000万円+200万円)と大幅に増額されるようです。

従来と同様、複数企業での共同申請が必要ですので、
誰でも・・という訳にはいきませんが、
企業間データ活用の案件があれば
うまく当てはめることができるかもしれません。

データ活用って、何をすればいいの?うちの会社で何ができるの?
という疑問があれば、当社にお問い合わせください。
事業アイデアの検討時点からサポートさせていただきます。

関連記事

  1. 【ものづくり補助金】メーカー、商社と提携しています

  2. 初期条件でのささいな違い(プラスのフィードバック)

  3. 熊より速く走る必要はない(差別化の話)

  4. 良い交渉のために。5つの事前準備

  5. 2022年(来年度)の事業再構築補助金。与党公約にちらほらと

  6. ブログの価値(コンテンツの使い回し)

最近の記事

  1. 2024.07.16

    今はもうない
  2. 2024.07.05

    二拠点生活

読書記録(ブクログ)