「しるし」をそこかしこに

先日、これまでまったく取引のなかった
某県の団体から連絡がありました。

会って話すと、その県が行う
IoT絡みの事業に関しての依頼であり、
個人的にも興味があったので快諾しました。

事業はこれから始まります。
詳細はまたこのブログにも書きますが、
当社にとっても、県のIT企業や製造業にとっても
意義のある取組みだと思います。

自分でも忘れていた仕事から依頼がくる

彼はどうやって当社にたどり着いたのでしょう?
聞くと、IoT関連に詳しい中小企業診断士を探していたそうです。
協会・個人のHPやいくつかの名簿などを見たけれど、
誰が何を専門としているのかがよくわからない。

困り果てていたところ、
県のある団体が出している冊子に、私が書いた
IoTの記事が掲載されているのを読み、そこから
当社のHPを見つけて連絡をしたとのことでした。

その記事を書いたのはもう2年くらい前でしょうか。
記事を書いたこと自体を忘れていたし、
仕事の依頼につながるとは思ってませんでした。

このブログも、いろいろな場所で
開催させていただいているセミナーも、
様々な媒体で書かせてもらっている記事も。

コンテンツマーケティングという奴ですね。
自分の活動の「しるし」をいろいろなところに
残しておけば、いつか仕事に繋がることもあります。

関連記事

  1. イノベーションは偶然起きる。だったら

  2. 【2019ものづくり】企業間データ活用型は補助額2倍に増額

  3. ホワイトボードと経営コンサルタント

  4. ヒアリング情報は必ずしも事実ではない

  5. 「上から目線」を忘れずに(メタPDCA)

  6. 経営理念は無理に作らなくてもいい。それは、自然に現れるもの

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2019.05.22

    Google Pixel 3a XL
  2. 2019.05.21

    因果応報

読書記録(ブクログ)