東京行(マーケティングとセリング)

週末は東京にいた。マーケティング関連のセミナーに参加するためだ。

来年は自社のマーケティング戦略を少し見直そうと思っている。
そのための有益な示唆をいくつか得ることができた。

ドラッカーいわく、「マーケティングとはセリング(営業)を必要なくすること」だそうだ。
当社のような専門家商売はそもそもセリングが困難で(「コンサルいかがですか?」と突然訪問した専門家に依頼したいか?)、だからこそ、マーケティングの巧拙がビジネスを大きく左右する。

今期は従業員も雇った。事業拡大に向けての布石を着々と整えつつある。
来期は東京進出も視野に入れて、いろいろと仕込みを始めなければ。

写真はセミナー前に訪問した靖国神社と湯島聖堂。

img_5598

img_5597

img_5601

img_5602

関連記事

  1. モバイル本棚。大量の蔵書をどうやって管理しているか

  2. 起業前に読む。中小機構提供の「業種別スタートアップガイド」

  3. 情報の見せ方(1)「読み手は誰?」

  4. 1+1=2ではない?「社会的手抜き」の発生【課題編】

  5. 実践してこその知識(事上磨練)

  6. 情報の見せ方(2) 「グラフのどこを見て欲しい?」

最近の記事

  1. ディスコミュニケーション
  2. 2020.07.05

    V-RESAS

カテゴリー

読書記録(ブクログ)