ラーニング・アニマルであれ

「学ぶことが好き」だろうか?

グーグルの働き方やマネジメント手法について書かれた「How Google Works」という本に、「ラーニング・アニマル」という造語があった。企業はラーニング・アニマルを採用すべきだと。

ラーニング・アニマル
大きな変化に対処する知性と、それを楽しむ性格を併せ持った人々。とにかく学ぶことが好きで、くだらない質問をしたり、誤った答えを出すことなど恐れない
– How Google Works/エリック・シュミット、ジョナサン・ローゼンバーグ

学ぶことが好きであれば、世の中で遭遇するほとんどの問題は解決できると思っている。
たいていの問題はすでに頭の良い先人が解決してくれている。われわれは、それを学んで、現代の事情に併せて多少修正すればOKだ。
まったく新しい問題ですらも、既存の知識を組み合わせることで解決できる。

「知識は力」というのは真実で、知っているだけで、知らない人達が陥る様々なトラブルを回避できる。また、知っているだけで、より効果的な対応をとることができる。
無知の状態から初めてもゴールにたどり着くかもしれないけれど、その道はおそろしく遠回りなものになるだろう。

関連記事

  1. 数字、数学、パズル

    その可能性、数字で言ってみて

  2. ホワイトボードと経営コンサルタント

  3. かたつむり

    古いPCを使い続けることの見えないデメリット

  4. ルーチンとプロジェクト

  5. やり方はいくつもある

  6. 言葉の定義はしっかりとやる

最近の記事

  1. 2020.05.22

    iPod Touch

カテゴリー

読書記録(ブクログ)