ネットではできないことを探す

一人だけ抜け出すイメージ

高城剛が雑誌「50mm」を出した。

とりあえず買ってみた。

今の時代、なぜ紙の雑誌?という疑問があるだろう。
この本では、ネットではできないことを追求している。

たとえば、以下のようなことだ。

  • 大判。15インチ以上の巨大な雑誌にすることで、
    ネットでは(スマホやタブレットでは)
    物理的に不可能な大きさで記事を見る。
  • 全ての写真を焦点距離50mmのレンズで
    撮影。スマホは28mmから35mm程度の焦点距離が多く、
    ネットにアップされるあまたのスマホ写真と差別化
  • 全てのページでフォントを変更。
    Webフォントを使えばネットでもできない
    ことはないが、読みにくくなるため普通はしない。
    ページという概念がある紙の本ならではかもしれない

ネットでできないことは何か?

今後ビジネスをやっていく上で、
ネットとの向き合い方は必ず考えざるを得ない。

ネットを積極的に活用する方向もあるだろう。
しかし、この雑誌「50mm」に見るように、
「ネットではできないことをとことん追求」
した上で、リアルの場で勝負する、というアプローチも面白い。

同業の診断士がSNSにアップしていたのだけれど、
ネット通販を辞めて売上を大幅に上昇させた
お菓子屋のケースもある。

いずれにせよ、ネットの勉強は必要になるだろう。
「できないこと」を知るためには、
「できること」を把握しなければならないのだから。

関連記事

  1. 少しずつしか変わらない

  2. 作業に取りかかるまでは資料を見ない

  3. 「がんばるタイム」制度の導入。クライアントの利益になるから

  4. 知らない間に営業を学んでいた

  5. デジタルで伝える

    誰の意見を聞くべきなのか

  6. 実績をアピールしているうちは、まだまだ

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2019.05.21

    因果応報

読書記録(ブクログ)